トップ  >  公演をみる  >  みまた演劇フェスティバル『まちドラ!2012』  >  「ヨムドラ!」「カクドラ!」「ミルドラ!」3つの楽しみ方
「ヨムドラ!」「カクドラ!」「ミルドラ!」3つの楽しみ方
― まちなかで ドラマ(演劇)に 出会える町 ―
みまた演劇フェスティバル「まちドラ!」を開催します。


 

出会い方は、「読む」・「書く」・「観る」の3つ

 「まちドラ!」では、ドラマの楽しみ方を、3つ、ご用意しました。
 どの公演も低価格です。
 お散歩に出かける気分で、どうぞお気軽にお楽しみください。

  ★お得な『通しチケット』もあります!(組数限定の種類もありますので、ご予約はお早めに)★
  ★上演プログラムはこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)★
  ★チケットの詳細・ご予約はこちらをご覧ください(ページが移動します)★

 

楽しみ方 その1  「ヨムドラ!」:読むドラマ

 
 まちなかに特設する3つの劇場で、朗読劇を6作品、上演します。

 三股町立文化会館毎年恒例『ヨムドラ!』。
 2011年度の戯曲講座で生まれた短編6作品を、リーディング(朗読劇)にてお届けします。
 
 2012年は、まちんなか(街中)に飛び出し『特設3劇場』で上演。
 皆さんには劇場間を移動してもらいながらお楽みいただきます。
 道しるべとして「ツアコン」がご案内!?
 街角で出会うかもしれない「オプション企画」もお楽しみに!!

 上演する6作品中、3作品を九州を軸に活躍する3つの劇団が、
 残る3作品を、公募で集まった三股町民によるスペシャル3チームが、
 それぞれ演じます。
 
 ◇出演する「劇団LOKE」(鹿児島)のホームページはこちら
 ◇出演する「いすと校舎」(福岡)のホームページはこちら
 ◇出演する「不思議少年」(熊本)のホームページはこちら 

  ★上演プログラムはこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)★
  ★チケットの詳細・ご予約はこちらをご覧ください(ページが移動します)★
  
  

楽しみ方 その2 「カクドラ!」:書くドラマ

 
 90分で、せりふ書いてみる? “体験型”戯曲講座を開きます。

  戯曲とは「演劇の台本」のこと。
 短い会話をつないで、せりふにする…90分で自分だけの『ドラマ』を書いてみませんか?
 思いを込め書き上げた作品は、「まちドラ!」参加俳優たちが、
 実際に声に出して読んでくれるという、まことにラッキーな講座です

  ★講座の日時(プログラム)はこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)★
  ★無料ですが、事前に申し込みが必要です。
   『参加申込書』をこちらからダウンロードし、三股町立文化会館へお申し込みください(PDF77キロバイト)★

    

楽しみ方 その3 「ミルドラ!」:観るドラマ

 
 すぐれた演劇作品を招へいし上演します。

 福岡の実力派劇団『14+(フォーティーン・プラス)』が、
 永山智行の書き下ろした新作『土地/戯曲』を上演します。
 ふらりと「ヨムドラ!」を楽しんで、最後のシメは「ミルドラ!」で。
 16、17日ともアフタートークありです。
  
 ◇東京・福岡・三股の3カ所で上演する、14+第10回公演「土地/戯曲」。公演チラシはこちら(PDF:1.26MB)◇
 ◇出演する「14+」のホームページはこちら

  ★上演プログラムはこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)★
  ★チケットの詳細・ご予約はこちらをご覧ください(ページが移動します)★
 
   

楽しみ方 番外編 「まちCafe」

 
 くつろげて、軽く食べられて、楽しくて、何かに出会えるかもしれない、みんなの広場。

 16・17日は、えき劇場(JR三股駅)近くに『まちCafe』がオープン。
 「中村珈琲」「カリー専門店 あいもこいもかふぇ」「お茶のさかもと」
 各店のご協力で、薫り高いコーヒーや軽い食事が楽しめます。
 「まちCafe」だけのご利用も、もちろん大歓迎です。
 
 雨宿りもできます。
 お弁当持参の方は食事の場所としてもご利用ください。

 ■まちCafe オープン日時(予定)/
  6月16日[土]13時~17時
  6月17日[日]11時~16時
 ■運営/
  みまたんえき周辺賑わい再生検討部会(通称:えきにぎ)
  
 ◇みまたんえき周辺賑わい再生検討部会(えきにぎ)のブログ「みまたんえきブロ」はこちら

 

 

詳しい内容はこちらもご覧ください(チラシ)

 みまた演劇フェスティバル2012「まちドラ!」(PDF:2,499キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)