トップ  >  参加してまなぶ  >  アウトリーチ -中学校鑑賞教室事業-  >  アウトリーチ -中学校鑑賞教室事業-
アウトリーチ -中学校鑑賞教室事業-
■自主公演を中学生にも


 三股町立文化会館では、児童・生徒や地域の皆さんとともに育っていくために、文化会館での公演を活用したアウトリーチ活動(普及啓発・育成事業)として「中学校鑑賞教室」に取り組んでいます。

 鑑賞教室は文化会館で行われます。会館主催の一般公演の機会を活用して、中学生に舞台芸術に触れ体験してもらうものです。

 舞台芸術を基にした公演プログラムは、子どもたちの表現力や想像力、コミュニケーション能力の向上に役立ちます。

 

■概要


・毎年、中学校の学年ごとに鑑賞教室を行います。
・演目は、『音楽』『演劇』『古典芸能』などの舞台芸術作品です。
・鑑賞教室は、文化会館主催の一般公演で招へいした芸術家による「中学生だけを対象とした公演」になります。
・楽器に触れたり、リズムを一緒に刻んだり、舞台に上がってお芝居に参加したり、即興で何かを演じたり、といった「体験型の活動=ワークショップ」を取り込む内容とします。
・中学生は鑑賞教室で、保護者の方は一般公演でそれぞれ見ていただくことで、演目や芸術家に対する共通理解やコミュニケーションが深まります。