トップ  >  2012年  >  12月  >  『走れメロス』 Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト 子どもとおとなのための舞台芸術
『走れメロス』 Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト 子どもとおとなのための舞台芸術
公演日 2012年12月15日~12月16日 開演時刻 15日19:00
16日14:00
販売・予約開始日 2012年10月13日 9:00 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 一般/2,000円(当日2,500円)
大学生以下/1,000円(当日1,500円)
一般ペア/3,500円(前売のみ)
親子ペア(一般+大学生以下)/2,500円(前売のみ)
ご注意ください ※2回公演
※上演回指定
※全席自由
※未就学児入場不可(託児サービスを実施します)
※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462


 

お知らせ/15日[土]19時00分開演の回・前売券完売・当日券を若干枚販売します

 本公演の、15日[土]19時00分開演の回は、12月14日、
 前売にて予定座席数を完売いたしました。

 『当日券』を、若干枚を販売します。
 販売数はわずかです。
 『
先着順』となります。
 電話予約はできません。ご了承ください。

 ★販売開始/18時00分
 ★販売場所/三股町立文化会館チケットカウンター


 詳細は、三股町立文化会館(℡0986-51-3462)まで
 お問い合わせください。

 16日[日]14時00分開演の回は、引き続き販売中です。



 

Fukuoka in Asia・子どもとおとなのための舞台芸術「走れメロス」


詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 『走れメロス』 Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト 子どもとおとなのための舞台芸術(PDF:5,068キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader


 

日時 

 2012年(平成24)年
 12月15日[土]19時00分★
 12月16日[日]14時00分★
   ※開場時刻/開演20分前
   ※上演時間/約60分予定
   ※2回公演(上演内容は同じ)
   ★=アフターイベント/「アフタートーク」を開催します。
   (ゲスト=永山智行/劇作家、演出家、劇団こふく劇場代表、公益財団法人宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター)

 

料金 

 一般/2,000円(当日2,500円)
 大学生以下/1,000円(当日1,500円)
 一般ペア(一般2枚)/3,500円(前売のみ)
 親子ペア(一般1枚+大学生以下1枚)/2,500円(前売のみ)
  ※日時指定
  ※全席自由
  ※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
  ※未就学児入場不可
  ※託児サービスあり(無料。事前申し込みが必要です。申込先=三股町立文化会館)
 
 

チケット販売開始 

 10月13日[土]
 
 

WEB予約

 ■予約受付期間
  10月13日[土]9時00分~各上演日の前日(前売にて完売の場合はその時点で受付終了となります) 
 
 ■予約方法
  下の中から、お求めになりたいチケット種の『予約する』をクリックすると、『予約フォーム』が表示されます。
  必要事項をご記入の上、送信してください。

 予約受付開始:10月13日[土]9時00分 12月15日[土]
 19時00分 開演
12月16日[日]
 14時00分 開演
一 般/2,000円 前売完売
大学生以下/1,000円 前売完売
一般ペア(一般2枚)/3,500円 前売完売
親子ペア(一般1枚+大学生以下1枚)/2,500円 前売完売
 ★=アフターイベント/「アフタートーク」を開催します。
    (ゲスト=永山智行/劇作家、演出家、劇団こふく劇場代表、公益財団法人宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター)


プレイガイド 

 ■三股町立文化会館
  ・WEB予約=上の表からお求めの『予約する』をクリックし(予約フォームが表示されます)、必要事項を記入して送信してください。
  ・電話予約=℡0986-51-3462 へお電話ください。
  ・文化会館チケットカウンター=直接お求めいただけます。
   (月曜[祝日の場合は火曜]を除く 9時00分~17時00分 (夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません))
 ■公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団
  ・電話予約=℡092-263-6265 (事業課事業係) へお電話ください

 

ぼくたちは、何のために走るのか 

 青年・メロスは、邪智暴虐の王を殺そうとして捕えられた。
 妹の結婚を見届けるために、死刑まで3日間の猶予をもらったメロス。
 日が沈む前に戻らなければ、人質となった友人・セリヌンティウスは処刑される。
 野を横切り、森をくぐりぬけ、走れ、走れ、走れメロス――。
  
 

子どもにも、おとなにも、見てほしい作品です

 私たちはこの『走れメロス』を子どもにもおとなにも見てほしいと思っています。
 「子ども」だからと言って、わかりやすいものとは限りません。
 「おとな」だからと言って、こむずかしいわけでもありません。
 この作品の見方・感じ方に"正解"はありません。
 目の前の舞台―空間・時間―で起こるありのままを体感してください。

 

◆「託児サービス」があります◆

 未就学児の入場はできませんが、「託児サービス」を行います。
 無料ですが、事前申込が必要です。
 ◎申し込み先=三股町立文化会館(℡0986-51-3462)
 ◎サービス実施主体=みやこのじょう子ども劇場

 

◆参加者募集/
「交流プログラム」として、12月1日[土]、
「“子どももおとなも楽しめる”演劇ワークショップ」も開催(申込締切=11月20日)◆

 三股公演に先立って、12月1日[土]、
 「交流プログラム」として、ワークショップも開催します。
 参加者を募集しています。お気軽にお申し込みください。
 (申込締切/11月20日[火])

 「走れメロスの」出演者や演出家が、福岡からやってきます。
 子どももおとなも、演劇未経験の方も、
 体を動かし楽しく遊べて、気軽に参加できるプログラムをご用意。
 小学4年生以上ならどなたでもご参加になれます。
 公演と同じく、子どもにもおとなにも、参加してほしい企画です。

 「走れメロス」公演をより楽しむことができます。
 「交流プログラム」のみの参加も大歓迎です。

 詳細はこちらをご覧ください(12月1日[土]実施「“子どももおとなも楽しめるワークショップ”参加者募集ページへ移動します)

 

出演

 -九州・福岡を中心に活躍する俳優たち-
 池江拓哉
 五味伸之(無倣舎)
 瀬口寛之(グレコローマンスタイル)
 猛者真澄(空間再生事業 劇団GIGA) ほか

 

演出・構成 

 山田恵理香(空間再生事業 劇団GIGA)

 

原作

 太宰 治

  

スタッフ

 演出部:真吉、百瀬友秀(M.M.S.T)
 舞台監督:糸山義則([株]SCN)
 舞台監督補:小森龍也([株]SCN)
 照明:岡田一志([株]SCN)
 音響:池田元樹(アコースティックセンス)
 音楽:吉川達也
 舞台美術:野田恒雄(no.d+a(number of design and architecture))

 テキスト協力:永山智行(劇団こふく劇場)

 宣伝美術:山田英二
 原画:アジサカコウジ

 企画・制作:(公財)福岡市文化芸術振興財団

 

Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト ・ 福岡公演

 福岡市文化芸術振興財団では、平成23年度より
 「Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト」をスタートさせました。
 プロジェクト2年目となる今年度は、
 昨年度3月に上演した『走れメロス』を
 新演出で再創作し、福岡・宮崎で上演します。

 ■福岡公演(4回公演)
  ●日時/2012年11月
         23日[金]19時00分開演
         24日[土]13時00分開演 ・19時00分開演
         25日[土]13時00分開演
  ●会場/早良市民センター ホール
        (〒814-0006 福岡市早良区百道2-2-1 tel:092-831-2321)
  ※福岡公演の詳細はこちら(財団法人福岡市文化芸術振興財団のホームページが立ち上がります)

 

主催

 三股町・三股町教育委員会・福岡市・公益財団法人福岡市文化芸術振興財団

   

助成

 財団法人九州文化協会

   

詳しい内容はこちらもご覧ください(公式フライヤー)

 『走れメロス』 Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト 子どもとおとなのための舞台芸術(PDF:5,068キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader