トップ  >  2014年  >  10月  >  演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演 『活気のこどもたち』
演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演 『活気のこどもたち』
公演日 2014年10月18日 開演時刻 19:00
販売・予約開始日 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 無料
ご注意ください ※全席自由
※申し込みなども不要です
※お気軽にお越しください
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462


 

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演『活気のこどもたち』(PDF:1,128KB)
 


日時 

2014(平成26)年
10月18日[土]19時00分★
※開場時刻/開演30分前
※上演時間/約30分
★=アフターイベント/出演者・演劇監督らによる「アフタートーク」を開催します
※同日、三股町立文化会館で開催される「第1回文教みまたフェスティバル」内でも上演します(13時45分開演[予定])


    

料金 

無料
※全席自由
※申し込みなども不要です
※お気軽にお越しください

  

11期生の初舞台
『活気のこどもたち』を、上演します!!
 

今年も元気いっぱいで活動します、
小・中・高校生でつくる、演劇ワークショップ「みまた座」。
11期生として24人が、6月から活動を始めています。

毎年7月恒例の「試演会」を見送った今年は、
10月18日、「11期生 中間公演」として、作品を上演することとしました。

作品名は、『活気のこどもたち』。

約30分の短い作品で、入場も無料です。
皆さま、“活気のこどもたち”に、どうぞ、会いに来てください!
ご来場、心よりお待ちしています。


   

原案

宮内浩二郎(三股町教育長、三股町立文化会館館長)

 

構成・演出

永山智行(演劇ワークショップ「みまた座」演劇監督、劇団こふく劇場、劇作家、演出家)
 
 

出演

●演劇ワークショップ「みまた座」11期生(小中学生21人):
池澤碧海  上之薗りりか  亀田心  河野結衣  桐野寛大
工藤綾乃  木場菜月  小牧葵  下田美雨  田代小夏
田代光  恒吉天音  恒吉音羽  中前月那  中村海
奈須彩花  奈須千緒里  深見ほのか  深見まいな  別府琳太郎  山下香音

●劇団こふく劇場:
あべゆう  かみもと千春  大浦愛  
大迫紗佑里

  

あらすじ

 


  百年前にだれかが歩いたこの道を、
  ぼくたちはいま、
  また歩いている。  


それはいまから百年ほど昔の話。
16歳の若者3人が、
文武両道の研修道場「龍雲館」を、
当時の三股村につくった。

そして、それから百年後の夏休み。
昔の生活を体験するテレビの企画で、
2014年の三股のこどもたちが、
「龍雲館」の恒例行事だった
三股から青島海水浴場までの夜間徒歩に
チャレンジすることになった……


 
 

100年前、三股村にあった「龍雲館」。
いまの「文教のまち 三股」につながる、その伝承を手がかりに描かれた、
『活気のこどもたち』は、

「第1回文教みまたフェスティバル」の開催を機に、誕生した作品です
です作品です

 同日午後1時30分から三股町立文化会館で開催される
「第1回文教みまたフェスティバル」。
みまた座に、このフェスティバルでの作品上演の依頼があり、
本作、『活気のこどもたち』は誕生しました。

手がかりは、「文教のまち」と「龍雲館」。

「文教のまち」と称され久しい三股町。
その象徴の一つに「龍雲館」の存在があります。
「龍雲館」とは、
明治35年、三股村(当時)に開設された文武修練の場で、
厳格な風紀のもと、多くの人材を輩出したと記録にあります。
 

若者たちが数多く集い、大いに学び合い、心と体を磨き合った「龍雲館」。
その中核を成し、みなに重んじられていた精神、それが、「活気」です。
三股町立文化会館館長でもある、三股町教育長 宮内浩二郎により
「活気」をシンボルとした原案が生み出されました。


このたびの同フェスティバルでの上演にあたり、
「一回だけの上演ではもったいない」、と、
フェスティバル終了後、同日午後7時00分から、
三股町立文化会館で、再度上演することが決定しました。

約30分の短い作品です。入場は無料です。
みまた座11期生たちに、
現代の“活気のこどもたち”に、
どうぞ、会いに来てください!
ご来場、心よりお待ちしています。
 
 

演劇ワークショップ「みまた座」

演劇ワークショップ みまた座 10期生


三股町立文化会館が毎年6月から3月に開く小中高生対象の演劇ワークショップ。平成16年に旗揚げ。延186人在籍(平成26年7月末現在)。演劇監督に永山智行を迎え、指導は三股町立文化会館フランチャイズカンパニーである劇団こふく劇場の劇団員が担う。毎年上演する本公演は戯曲講座受講生が書き下ろすなど、その存在は連結を誇る三股町立文化会館創造系事業の中核を成す。一連の事業は高く評価され「平成24年度地域創造大賞(総務大臣賞)」の受賞に至った。みまた座は三股町立文化会館の基本理念「思い育み知の創造」の姿そのものであり、大切な宝である。

◎演劇ワークショップ「みまた座」は、
 たくさんの方々のご支援のおかげをもちまして、
 今年、開設11年めを迎えることができました。
 これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。
  
  

主催

三股町・三股町教育委員会

   

協力

演劇ワークショップ「みまた座」11期生保護者会、みまたん放課後倶楽部Ikuz0
 

   

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演『活気のこどもたち』(PDF:1,128KB)
 

 演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演 『活気のこどもたち』 演劇ワークショップ「みまた座」11期生 中間公演 『活気のこどもたち』