トップ  >  2019年  >  2月  >  劇団こふく劇場15回公演『ただいま』
劇団こふく劇場15回公演『ただいま』 [WEB予約可] [TEL予約可]
公演日 2019年2月15日~2月17日 開演時刻
販売・予約開始日 2018年12月1日 9:30 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 一般/2,500円(当日3,000円)
ペア/4,000円(前売りのみ)
U25割/1,000円(前売・当日とも)
やさい割/2,000円(前売りのみ)
ご注意ください ※日時指定
※全席自由
※U25割は、25歳以下のどなたでも適用されます。清算時に年齢を証明するものをご提示ください。
※未就学児入場不可…無料託児あり(要予約/申し込み先=三股町立文化会館)
※やさい割は、ご家庭で収穫された野菜を上演日にご持参くださる方が対象です。
※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462
 


 

ただいま

 
 2015年、宮崎県都城市に拠点を置く劇団こふく劇場は25周年を迎えました。折しも戦後70年の年。
 決して安穏と25年を過ごしてきたわけではありませんが、この25年の間に、何が失われ、何が生まれたのか、
 わたしたちは、ほんとうにしあわせになったのか、九州の片隅でそんなことを考えながら生まれたのがこの作品「ただいま」です。
 
 おかげさまで作品は各地で好評を得、公益社団法人日本劇団協議会発行の機関誌「join」の、「私が選ぶベストワン2015」では
 ライターの大堀久美子に、作品部門で「ただいま」を、団体部門で「こふく劇場」をそれぞれ2015年のベストワンとして挙げていただきました。
 
 ―――あれから3年。
 
 けれど、「地方」に暮らすわたしたちにとって、3年前の問いは、さらに切実なものとして、ここにあります。
 だからわたしたちはまた旅をすることにしました。
 
 25年の集大成としてつくったこの作品は、わたしたちの日常の中にある「自然」や、たくましい生活人たち、
 そして日々続いていく「暮らし」、そんなものを題材にしながら、こふく劇場がこれまでに出会ったきた、
 様々な身体や言葉を参照し、「地に足をつけ生きること」を問いながら生まれました。
 
 これからはじまる新しい旅でも、それぞれの土地で暮らす生活する者たちと、この作品を共有することができればと願っています。 


                                                                       永山智行(劇団こふく劇場)


 

あらすじ

 
 姉の夫はひとり暮らし。
 そんな義兄のすすめで、30歳を前に独り身のあさ子は、お見合いをすることになった……
 ―――豆腐職人の男、文具店に勤める女、主婦、仕事を探す女、
 そんな市井の人々の、かけがえない日々の物語。 

  
 

劇団こふく劇場


劇団こふく劇場


 
  





1990年4月、永山智行らを中心に宮崎県都城市で結成。

1996年にこまばアゴラ劇場の大世紀末演劇展に『北へ帰る』で参加以降、活動の範囲を全国へと広げる。
一方で1999年からは宮崎県内の二つの町(門川町・三股町)の文化会館のフランチャイズカンパニーとしての活動もはじめ、
ワークショップ、町民参加作品の創作など、教育・普及活動の一端を担ってきた。

これらの成果として、2005年には、全国5箇所の演出家、俳優らが一同に会してオムニバス作品を創作する画期的な試み
(創作ネットワーク委員会+Ort-d.d『昏睡』)の門川町での合宿、初演を実現させた。
(以後、三股町、山口情報芸術センター、東京国際芸術祭で上演。)

また、2007年からは障害者も一俳優として参加する作品づくり(みやざき◎まあるい劇場)をはじめ、質の高さ、活動の社会的な広がり、
その両面から高く評価されている。

【連絡先】
住所:〒885-0017 宮崎県都城市年見町26号3番地
TEL・FAX:0986-26-6422  IP電話:050-1420-6422
メールアドレス:gekijo@cofuku.com 


 

作・演出

 
 永山智行

 

 

出演

 
 あべゆう
 ―あ、お、い。(『水をめぐる』泆役)
 
 1979年宮崎県高千穂町生まれ
 俳優・九州俳優の会会長
 
 【主な外部出演】
 島の劇場『NIPPON・CHA!CHA!CHA!』(作・如月小春 演出・中島諒人)
 北九州劇場『彼の地Ⅱ』(作・演出 桑原裕子)
 
 食べれて飲めればしあわせです。 

 
 
 





                                                                         ・かみもと 千春 
                            ―私、父親になる。この世界で最初の、子供を産む父親になる
                                               (『やがて父となる』細田恭子役)

                                              
                 1978年宮崎県都城市生まれ/俳優・シンガーソングライダー・チャルネイロ主宰

                                                         【主な外部出演】
                              宮崎県立劇場『三文オペラ』(作・ブレヒト 演出・永山智行)
                   ユニットあんてな『カントリーのロード~青島に続く道~』(作・演出 本田誠人)
                 
                                                        ものまねが趣味。

 








   ・濱砂 崇浩
 ―…だけど、ここから先がどうしても思い出せません。この話。人間になった鳥の話。
 (『トリオ』モリオ役)


 1979年宮崎県宮崎市生まれ
 俳優・演出家
 【外部出演】
 宮崎県立芸術劇場『ゴドーを待ちながら』(作・ベケット 演出・永山智行)
 風煉ダンス『スカラベ』(作・演出 林周一)
 
 どちらかといえば左利き。





                                                                    



                                                                        ・大迫 紗佑里

                               ―自分がしたかったこととか、いちばん好きだった人とか、
                                     なんかそういうのから、何ではぐれるんやろか?

                                                  (『青空カラー』葉山玲子役)


                                            1988年宮崎県宮崎市生まれ/俳優
                                                         
                                                            【外部出演】
                  宮崎県立芸術劇場「改訂の巻『秘密の花園』」(作・唐十郎 演出・糸井幸之介)
                         宮崎県立芸術劇場『板子乗降臨』(作・土田英生 演出・永山智行)
      
                                                            花が好き。





 

中村 幸(劇団ヒロシ軍)
 ―堂々と好きだと言えるものは無いんですか?
 (『ヌカルマ』武田花子役)


 1996年長崎県諫早市生まれ/俳優

  【主な出演作品】
   劇団ヒロシ軍『まみれまみれ』『あいしてる』
   (作・演出 荒木宏志)

 三人兄弟の真ん中っ子。
  






 

STAFF


 照明=工藤真一(ユニークブレーン)
 
 音響=出井稔師
 
 美術=満木夢奈(ユニークブレーン)
 
 衣裳=あべゆう
 
 音楽=かみもと千春
 
 制作=大迫紗佑里・高橋知美(Q’sLink)
  



 

 

  
日時(3回公演)

 
 2019年 ①2月15日[金]19時30分
        ※開場時刻/19時00分
       
       ②2月16日[土]19時00分
        ※開場時刻/18時30分
       
       
③2月17日[日]14時00分
        ※開場時刻/13時30分


       
       受付開始は開演の60分前です

 

 

料金


  一   般/2,500円(当日3,000円)
  ペ   ア/4,000円(前売のみ)
  U25  割/1,000円(前売・当日とも)
  やさい割/2,000円(前売のみ)
  未就学児入場不可…無料託児あり(要予約)
  
  ※全席自由  
※電話予約可  ※WEB予約可
  ※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります。
  ※U25割は、25歳以下のどなたでも適用されます。精算時に年齢を証明するものをご提示ください。
  ※やさい割は、ご家庭で収穫された野菜を上演日にご持参くださる方が対象です。
  ※未就学児入場不可(無料託児サービスあり/申し込み先=三股町立文化会館)
 


 チケット販売開始


 12月1日[土]9時30分



 

 プレイガイド

 
 電話予約
  
三股町立文化会館 【℡0986-51-3462】 へお電話ください。
  
 ■三股町立文化会館チケットカウンター
  営業時間 ・・・9時00分~17時00分
  休館日
・・・月曜日
  ※月曜日が祝日の場合は火曜日
  ※夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません
 
 ■WEB予約
  下の表から、希望する券種の 一般/3,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」 一般/2,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」 一般/2,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」  をクリックすると、『予約フォーム』が表示されます。
   『予約フォーム』内の必要事項をご記入の上、送信してください。
  WEB予約受付期間・・・12月1日[土]9時30分~2019年2月14日23時59分[木](前売にて完売の場合はその時点で受付終了となります) 
 

予約受付開始:12月1日[土]9時30分 2019年2月15日[金]
19時30分開演
2019年2月16日[土]
19時00分開演
2019年2月17日[日]
14時00分開演

一般/2,500円(当日3,000円)
ペア割/4,000円   (前売のみ)
U25割/1,000円(前売・当日とも)
やさい割/2,000円   (前売のみ)

一般/3,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」  一般/2,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」  一般/2,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」




 

 

主催

 
 合同会社こふく劇場・三股町・三股町教育委員会
 芸術文化振興基金助成事業

 

 

詳しい内容はこちらもご覧ください(公式フライヤー)

 
 劇団こふく劇場15回公演 ただいま(PDF:1.39MB)

 PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
 下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader

 

桂よね吉 独演会