トップ  >  2020年  >  3月  >  演劇ワークショップ「みまた座」16期生 本公演『レッツゴー 一郎』
演劇ワークショップ「みまた座」16期生 本公演『レッツゴー 一郎』
公演日 2020年3月29日 開演時刻 1回目 11:00
2回目 15:00
※新型コロナウイルス感染症の影響により、
 変更となる場合があります。
販売・予約開始日 2020年3月21日 9:00 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 小学生以上/300円(当日同料金)
未就学児/無料
ご注意ください ※2回公演 ※上演回指定 ※全席自由
※新型コロナウイルス感染症の影響により、開催規模の縮小などを行う場合があります。
 ご予約につきましては、電話にてお問い合わせください。
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462

 みまた座は、今年で16周年!
  
 
彩りのある場所
 16年目のみまた座です。毎年新しいメンバーが加わり、同じメンバーも一年一年、歳を重ねていくなかで、
確かにその年だけのみまた座の彩りがあります。16年、毎年違う彩りのメンバーと、違う彩りの作品を上演してきました。
 さて、16期の今年のメンバーが織りなす色はたとえば何色なのかな、とふと考えてみます。するとなんだかニヤニヤしてしまいます。
ひとりひとりの顔や声、しぐさ、そんなものが浮かんできて、なんだかニヤニヤしてしまうのです。
そこには、ひとりひとり違う彩りの子どもたちの姿があります。
 「一億〇〇」だの「ワンチーム」だの「総力戦」だの「横並び」だのが、幅を利かせる時代ですが、だからこそ、わたしたちは、
すみっこでこつこつと、子どもたちの彩りを笑って受け入れる場所を整えなくてはならないと思うのです。
 ぜひ、みなさんも、子どもたちの彩りに、そして今年のみまた座の彩りに、その日、この文化会館でニヤニヤしていただけたらと
思うのです。
 「レッツゴー一郎」心よりお待ちしています。
                                         みまた座演劇監督
                                            永山智行(劇団こふく劇場)

 
    
演劇ワークショップ「みまた座」14期生 本公演『スイートピー』

 

 
16年間続く、三股の子どもたちの劇団「みまた座」。これまでに、258人の子ども達が過ごしてきました。
今年もまた、三股町立文化会館ホールにて「みまた座」が元気いっぱいのお芝居を上演いたします。
みまた座16期生の本公演、どうぞお楽しみください!

  
 

あらすじ

 
 ある研究室。
 目覚めた一郎は、ハカセに言った。
 『ハカセ。「心」を教えてください。』
 そこから始まる、
 ちょっと不思議なSFコメディ。
  
 

作  


 池田帆乃華(みまた座13期~14期在籍・平成30年度戯曲講座受講生、高校2年生)
 
 

構成・演出

 
 永山智行(演劇ワークショップ「みまた座」演劇監督・劇団こふく劇場)
  
 

出演

 
 ●演劇ワークショップ「みまた座」16期生(小中学生16人) 
   池田彩花  池田陸人  磯口楓   小田絆愛
  嘉藤百夏  桒畑圭汰  下沖叶佳  下沖由依
  関本紗文  田代光   田中花奈  堤穂華
  濱口槙之介 東峯優羽  村上七海  村脇拓典

  その他、みまた座OB・OG
 
 ●劇団こふく劇場の俳優陣
 
 

チラシ原画 

 
 池田帆乃華
 
 

日時※2回公演 

 
※新型コロナウイルス感染症の影響により、開催規模の縮小などを行う場合があります。
 来場をご希望の方は、事前に電話にてお問い合わせください。


  2020(令和2)年 3月29日[日]
 ①11時00分開演
 ②15時00分開演
 
 ※開場時刻は開演30分前
  
 ★アフターイベント
  両公演ともに、出演者・みまた座演劇監督らによる『アフタートーク』を開催します

 

料金 

 
 小学生以上/300円
 未就学児/無料
 ※上演回指定 ※全席自由
 
   

 

プレイガイド(※予約のみ

 
 ※新型コロナウイルス感染症の影響により、開催規模の縮小などを行う場合があります。
  来場をご希望の方は、事前に電話にてお問い合わせください。


 ■三股町立文化会館チケットカウンター
 ※今回公演に限り、予約のみの受付となります。
 (月曜[祝日の場合は火曜]を除く 9時00分~17時00分[夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません]) 
 
 ■電話予約
  三股町立文化会館【℡0986‐51‐3462】へお電話ください。
 

 
 

 「みまた座」は、今年で16年目!

 
 小中高生を対象に6月から3月まで活動する、演劇ワークショップ「みまた座」。
 これまで延258人(実108人)が舞台やコミュニケーションの楽しさ・豊かさを学んできました。
 16年目となる今年は16人が在籍し、元気に活動中です。
 
 毎期の集大成となる本公演ですが、
 台本は前年の町立文化会館戯曲講座「せりふ書いてみる?」受講生の中から町民一人が手掛けています。
 今年は池田帆乃華さんに執筆していただきました。
 
 みまた座16人に加え、指導する劇団こふく劇場の俳優が躍動する舞台。
 ここで育ちゆく子どもたちと、お客さまを含め、集うすべての人々の「いま」とで織りなされる本公演。
 見ごたえある舞台に、毎年好評をいただいております。
 どうぞ皆さまもご一緒にお過ごしください。
 
 ご来場、心よりお待ちしています。
  
 

演劇ワークショップ「みまた座」 

 
三股町立文化会館が毎年6月から3月に開く小中高生対象の演劇ワークショップ「みまた座」14期生
演劇ワークショップ(体験型演劇講座)。平成16 年に旗揚げ。
延258人(実108人)が在籍。
演劇監督に永山智行を迎え、指導は三股町立文化会館フラ
ンチャイズカンパニーである劇団こふく劇場の劇団員が担う。
 
毎年上演する本公演は戯曲講座受講生が書き下ろすなど、
その存在は連結を誇る三股町立文化会館創造系事業の中核を成す。
一連の事業は高く評価され「平成24 年度地域創造大賞(総務大臣賞)」の受賞に至った。
 
みまた座は三股町立文化会館の基本理念「思い育み知の創造」の
姿そのものであり、大切な宝である。
 
◎演劇ワークショップ「みまた座」は、
 たくさんの方々のご支援のおかげをもちまして、
 開設15年目を迎えることができました。
 これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。
 
 

『ふるさと』
作詞/永山智行   作曲・歌/かみもと千春


 2014年(平成25年)3月30日、
 演劇ワークショップ「みまた座」の大きな節目となる、
 10期生本公演『ゆめとうつつのここらへん』を上演いたしました。
 そこで、曲が生まれています。

 『ふるさと』

 みまた座のこと、こどもたちのこと、関わってくださる皆さんのこと、
 「いま」を「ここ」で10年積み重ねた思いが、詰まっています。

 大切な人、大切な場所、大切なとき…
 ふっと思い浮かんでくる、そんな、あたたかな曲です。
 どうぞ、皆さまも、聞いてみてください。

 『ふるさと』に、「みまた座」に、会いに行きたくなったら、
 3月29日[日]、三股町立文化会館へ。
 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ふるさとの音楽ページURLはこちら
     かみもと千春
https://soundcloud.com/chiharu-kamimoto/furusato

   

主催

 
 三股町・三股町教育委員会

   

協力


 演劇ワークショップ「みまた座」16期生保護者会

     

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 
 演劇ワークショップ「みまた座」16期生 本公演『レッツゴー 一郎』(PDF:4,556KB)