トップ  >  2020年  >  9月  >  Fusión de la pasión Ⅶ(情熱の融合7)
Fusión de la pasión Ⅶ(情熱の融合7) [WEB予約可] [TEL予約可]
公演日 2020年9月27日 開演時刻 14:00
販売・予約開始日 2020年7月26日 9:30 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 一般/1,500円(当日1,800円)
大学生以下/1,000円(当日1,200円)
ペア/2,500円(前売のみ)
未就学児入場無料
ご注意ください ※全席自由
※客席限定 200席
※未就学児をお連れの方は「親子室」を利用できます
※大学生以下は、入場の際「学生証」の提示をお願いすることがあります
※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462

 

 

     四人が異なる個性を放つユニット
 
 

     「Cuarteto Nada más y Nada menos」
 
 

 

               が、誰もが聴き馴染みのある曲をラテン、ジャズ風にアレンジして聴かせます。

 

 

 

 温故知新+管弦楽人『“innovationⅤ”~The Final~』



 

日時 

 
 2020年9月27日 14:00開演
 ※開場時刻/開演30分前
 
 
 

料金 

 
  一   般 1,500円(当日1,800円)
 大学生以下 1,000円(当日1,200円)
 ペア    2,500円(前売りのみ)

 
 ※全席自由
 ※客席限定 200席
 ※未就学児をお連れの方は「親子室」を利用できます
 ※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
 ※大学生以下は、入場の際「学生証」の提示をお願いすることがあります
  
 
 

出演


・Cuarteto Nada más y Nada menos
(クァルテット ナダ マス イ ナダ メノス)
 
 愛川義夫(アコースティック&エレキギター)
 黒木奈津子(ピアノ&キーボード)
 坂元陽太(ウッドベース)
 谷口潤実(パーカッション)

・ゲスト
 天辰直彦(フルート)


  

 

プログラム

  
 インスピレーション
 愛の挨拶
 ジェット機のサンバ
 The Prayer      他
   
 

 

チケット販売開始 

 
 7月26日[日] 9時30分
 
  

プレイガイド

 
 
電話予約
  三股町立文化会館【℡0986‐51‐3462】へお電話ください。
  
 ■三股町立文化会館チケットカウンター
  直接お求めいただけます。
 (月曜[祝日の場合は火曜]を除く 9時00分~17時00分[夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません])

 
 ■WEB予約
  下の表から、希望する券種の 3才~高校生/500円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」 をクリックすると、『予約フォーム』が表示されます。
 『予約フォーム』内の必要事項をご記入の上、送信してください。

 
    

予約受付開始:7月26日[日]9時30分 9月27日[日]
 14時00分開演
(客席限定 200席)
一 般/1,500円
大学生以下/1,000円
ペア/2,500円
一般/2,000円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」

                  WEB予約受付期間・・・7月26日[日]9時30分~9月26日[土]
                   (前売にて完売の場合はその時点で受付終了となります) 


   

 
 
プロフィール


 Cuarteto Nada más y Nada menos
 クァルテット ナダ マス イ ナダ メノス
 

 愛川義夫(Guitar)
 

     
     埼玉県出身。加藤英之氏に師事。1991年スペインへ留学。ホルヘ アリサ氏、ウゴ へレール氏多数ギターリスト等に
     師事する。テレサ ベルガンサ音楽院中等ギター科、パドレ アント ニオ ソレール音楽院高等ギター科をそれぞれ卒業。
     エイトプロミュージックスクールにてエレキギター、テレサ ベルガンサ音楽院で作曲を学ぶ。
     また現地にて講師として教授活動の傍ら、演奏活動もする。
     2000年に帰国し三股町に定住。現在同町(自宅)及び宮崎市内で講師活動、及び独奏、又様々な楽器やダンス、朗読など
     幅広いジャンルとのコラボによる演奏活動など各地で展開する。息子との親子ギターデュオで各放送局に取り上げられる。
     また、後進の育成にも力を注いでいる。
     みやまコンセール協力演奏家。三股舞台活動振興会代表。
 







黒木奈津季(Piano&Keyboard)
 

      
        1981年宮崎市生まれ。4歳からヤマハ音楽教室で学ぶ。宮崎女子短期大学英語科卒業。在学中は英語科教員を
        目指していたが海外で現地の小学校の教員サポートを経験する中、音楽の素晴らしさに改めて感銘を受ける。
        卒業後、ピアニスト木村寛嗣氏に師事。レストランやブライダルでの演奏活動ののち、現在はライブ活動、
        スクールコンサート、来宮するアーティストのサポートなどの演奏活動を行っている。宮崎が大好きなので、
        宮崎でたくさんの音楽仲間に出会えたことが喜び。

 








坂元陽太(Bass)
 

        
        1987年生まれ、宮崎県都城市出身。納浩一氏、佐藤ハチ泰彦氏に師事。
        ピアニストであるオスカー・ピーターソンのトリオに感銘を受け、ジャズの道を志す。
        高校在学中から都城市を中心に演奏活動を行う。高校卒業とともに上京、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学。
        横浜を中心に演奏活動を行う他、「横浜市芸術文化教育プラットホーム」主宰の、
        小学校でのワークショップや鑑賞教室などの音楽教育活動や、洗足学園高等学校の嘱託演奏員を担当。
        ジャズのみならず、幅広いジャンルでの活動を展開し、これまでに数多くのアーティストと共演。
        現在は、宮崎県都城市を拠点に九州各地での演奏活動を行うとともに、後進の指導にもあたっている。
 







谷口潤実(Percussion)
 

          
          1982年、宮崎県都城市出身。小学生の時に聴いたAirto moreiraに衝撃を受けパーカッションを始める。
          中学卒業後、オルケスタ・デ・ラ・ルスのGENTA氏に出会いパーカッショニストを志す。
          国府弘子氏、赤木りえ氏、佐山雅弘氏、古地克成氏、宮里陽太氏等様々なミュージシャンと共演。
          2007年に起ち上げた打楽器のみのSAMBA TEAM "Maquina doritmo"を主宰し、多方面から注目を浴びている。
          2013年には短期でキューバへ渡り武者修行を果たす。同年フェニックスJam Nightに出演。
          2017年3月宮里陽太(sax)のアルバムに参加。
          http://www.hiromitaniguchi.net
 

 

 

天辰直彦(flute)
 

       
       宮崎県出身。11歳よりフルートを始める。尚美学園大学、同大学院を修了。フルートを野勢善樹、唐見啓子、
       菅原潤、室内楽を故浜中浩一各氏に師事。 故ヴォルフガング・シュルツ、サラ・ルヴィオン、クロード・ル
       フェーブル、ソフィー・シェリエ各氏のマスタークラスを受講。 2012年 第39回フルートデビューリサイタル
       に出演。 2013年 第19回宮日音楽コンクールにて優秀賞を受賞。 同年、フラメンコショーに急遽出演したのを
       きっかけに、日本でも数少ないフラメンコフルート奏者として音楽活動をスタート。 2014年にピアニスト岸淑
       香とフルートとピアノによるフラメンコジャズユニット「アマケット」を結成。2015年には地元宮崎県の小林
       市文化会館にて地元ライブを開催。 2016年には宮崎、奄美大島でもライブを開催。 他にもジャズ中心のリーダ
       ーバンド「天辰直彦 Quartet」や、クラシックやラテン、ブラジルなどジャンルを越えて独自の音楽性を追求し
       ながら幅広く活動している。
           

 
 

主催


 三股町・三股町教育委員会


 

詳しい内容はこちらもご覧ください(公式フライヤー)

 
 Fusión de la pasión Ⅶ(情熱の融合7)[PDF:4,215KB]


 

温故知新+管弦楽人『“innovationⅤ”~The Final~』 温故知新+管弦楽人『“innovationⅤ”~The Final~』