トップ  >  2014年  >  2月  >  『渡辺貞夫カルテット 2014』
『渡辺貞夫カルテット 2014』
公演日 2014年2月18日 開演時刻 19:00
販売・予約開始日 2013年12月15日 9:30 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 一般/3,000円(当日3,500円)
大学生以下/2,000円(当日2,500円)
ペア/5,000円(前売のみ)
ご注意ください ※全席指定
※未就学児入場不可
※「大学生以下チケット」で入場の方には「学生証の提示」をお願いすることがあります
※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462


お知らせ/前売完売

 本公演は、12月26日、
 前売にて予定座席数を完売しました。

 『当日券』は、
 予約キャンセルなどの状況によって、販売する場合があります。

 なお、『当日券のご予約』は承っておりません。

 販売状況については、公演当日、
 三股町立文化会館(℡0986-51-3462)までお問い合わせください。


 

渡辺貞夫カルテット2014

 

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 『渡辺貞夫カルテット 2014』(PDF:1,045キロバイト)
 


日時 

 2014(平成26)年
 2月18日[火]19時00分
  ※開場時刻/開演30分前

 

料金 

 一般/3,000円(当日3,500円)
 大学生以下/2,000円(当日2,500円)※入場の際「学生証の提示」が必要です
 ペア/5,000円(前売のみ)
  ※全席指定
  ※未就学児入場不可
  ※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります

 

本公演は【全席指定】です 

 
 ※ご注意ください※


 「電話予約」「WEB予約」も承りますが、
 お好みの席を、お選びいただくことはできません。

  (ご予約いただいた順に、前方・中央の見えやすいお席からあてさせていただきます)

 お好みの席を、お選びになりたい方は、
 『三股町立文化会館チケットカウンター』でお買い求めください。

  (月曜日[祝日の場合は火曜日]を除く9時00分~17時00分[夜間に催事がある場合はこの限りではありません])



 

チケット販売・予約受付開始

 12月15日[日]9時30分

 

WEB予約

 ■予約受付期間
  12月15日[日]9時30分~2月17日[月](前売にて完売の場合はその時点で受付終了となります) 
 
 ■予約方法
  下の中から、お求めになりたいチケット種の『予約する』をクリックすると、『予約フォーム』が表示されます。
  必要事項をご記入の上、送信してください。
  ※WEB予約の詳細は「聞きたい>よくあるご質問>「WEB予約」とはどういったものですか?」もご参照ください。

 
予約受付開始:12月15日[日]9時30分 2月18日[火]
19時00分開演
一 般/3,000円  完売しました
大学生以下/2,000円 完売しました
ペ ア/5,000円 完売しました


  
プレイガイド 

 ■三股町立文化会館
  ・WEB予約
=上記からお求めの『予約する』をクリックし(予約フォームが表示されます)、必要事項を記入して送信してください。
  ・電話予約=℡0986-51-3462へお電話ください。
  ・文化会館チケットカウンター=直接お求めいただけます。
   (月曜[祝日の場合は火曜]を除く 9時00分~17時00分[夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません])


 

Feel the Jazz!

 世界を舞台に、常に新しい音楽の可能性を
 追求し続ける渡辺貞夫。

 円熟のメロディとリズムが満ち溢れる夜。
 息のあった極上のカルテットが彩ります。

 全席指定公演です。
 お早めにお求めください。
 どうぞお見逃しなく!

 
 

演奏曲目

 ♪ オリジナルやスタンダードナンバーからお届けします。

 

渡辺貞夫カルテット 

 
 渡辺貞夫(as)

 渡辺貞夫(as)


■1933年宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドへの参加、バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。2011年アルバム「COME TODAY」を発表し、音楽活動60周年を記念したコンサートは各地で好評を博す。近年は国立音楽大学の招聘教授、「札幌市芸術文化財団芸術の森事業部」の芸術・音楽監督を務め、次世代の育成にも力を注ぐ。今年5月には25年ぶりのブラジル録音によるニューアルバム「オウトラ・ヴェス~ふたたび~」をリリース。80歳を迎えた現在も精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。 


 

小野塚晃(pf)
小野塚晃(pf)

■1967年生まれ。18歳の時にプロとして活動を始め、数多くのアーティスト達のレコーディングに参加。その力強さと優しさを兼ね備えたプレイは、アーティストからの大きな信頼を得る。1992年には「DIMENSION」を結成し、これまでに25枚のアルバムをリリース。渡辺貞夫グループの一員として20年目を迎える今日では、グループの要となる存在である。編曲やプログラミングにおいても才能を発揮し、新人アーティストのプロデュース等も手掛ける。
 



コモブチキイチロウ(b)
コモブチキイチロウ(b)

■1966年生まれ。15歳の時にチョッパーベースの演奏に感動し、ベースを始める。ライブハウスを中心にセッション活動を開始。90年代にブラジル音楽に傾倒し、ボサノヴァ黄金期の一人、ロベルト・メネスカルとの出会いを機にボサノヴァ生誕40周年コンサート<Gets Bossa Nova> に出演。ワンダ・サー、カルロス・リラ、ドリ・カイミ等の日本公演をサポート。現在は“サンバの力強いグルーブ”を信条に掲げ、様々なバンドで活動を展開している。



石川雅春(ds)
石川雅春(ds)

■1959年生まれ。大学在学中にプロのドラマーとしてスタートを切る。JAZZ、ROCK、POPSとジャンルに捉われないそのドラミングは、日本の音楽業界に於いて大きな支えとなる。国内外の様々なアーティストとのツアー、レコーディングと、そのタイトルは1,000を超える。また、自己のバンド「㏍ JAM」「SOURCE」でのライブ演奏活動も精力的に行っている。1994年以来、渡辺貞夫グループのメンバーとして数多くのステージを共にしている。
 

 
主催

 三股町・三股町教育委員会

   

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 『渡辺貞夫カルテット 2014』(PDF:1,045キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader